<   2010年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
NHK大河ドラマ「平清盛」で神戸観光を活性化!!
平安時代の英雄『平清盛』平成の神戸に“喝”
平清盛という名を聞けば、まず口をついて出てくるのは「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色盛者必衰の理をあらわす、おごれる人も久しからず、ただ春の世の夢のごとし、たけき者も遂には滅びぬ、偏に風の前の塵に同じ」で始まる、平清盛は良くも悪くも日本の平安時代を駆け抜けた英雄であり、その足跡は西日本各地の多岐にわたり皆様もご承知の通りです。よく旅をしていますと、「この地は、平家の落人が切り開いた村です」というガイドがあり、夫々の村には平家にまつわる伝説が日本古謡に伝えられ、能、狂言で舞われております。中でも、清盛の娘、徳子が高倉天皇に入内、福原で後白河法皇と清盛が千僧供養を行うなどした頃、平家一門が隆盛を極め、全国に500余の荘園を保有し、日宋貿易で莫大な財貨を手にし、平時忠が「平家にあらずんば人にあらず」と言わしめた、この絶頂期から清盛の64年の生涯は波乱に満ちたものであったが、世に言う「おごれるもの久しからず」の例え通り、平家一族は全国各地から源氏等の「蜂起」により、最後は壇ノ浦(1185年)の戦いに敗れ滅亡しました。
それぐらい平清盛は日本の歴史に影響を与え続けた一大時代絵巻となっております。それも清盛の行動が日本の武士の胎動となり公家時代から武家時代へと移りかえていった懸け橋となったことも見逃すことはできません。
その日本史上に燦然と輝く「平清盛」が、2012年のNHK大河ドラマに選ばれました。皆様の記憶にあると思いますが、かつて「風見鶏の館」が神戸を主舞台にNHK朝ドラで放映され、全国の方々に神戸の異人館を見に来ていただきました。このたびの、清盛も非常に神戸にゆかりのある方で、この大河ドラマは神戸観光にとって願ってもない一大ビジネスチャンスだと考えております。
清盛が神戸に残した軌跡は数多あります。生田神社、布引の滝、福原京、雪の御所跡、祇園遺跡、楠荒田町遺跡、願成寺(平通盛と小宰相局の供養塔)、築島寺(来迎寺)、能福寺、清盛塚、琵琶塚、薬仙寺(萱の御所跡)、大輪田泊(おおわだのとまり)、義経駒繋ぎの岩、氷室神社、鵯越、明泉寺(平知章墓)、平盛俊、監物太郎頼方の碑、勝福寺、駒ヶ林の松林、平忠盛(腕塚、胴塚)、平重衡とらわれの松、頼政(薬師寺)、那須与一の墓、妙法寺、須磨寺、一の谷、敦盛塚、鉄拐山、鉢伏山、塩屋、多聞寺、多井の畑、山田領、数え上げればきりがありません。
特に清盛が大変気に入っていたと伝えられる福原京では、春は花見を楽しんだ岡の御所、秋は月見に興じた浜の御所、泉殿、松陰殿、馬場殿、二階の桟敷殿、雪見の御所、萱の御所等々。このような清盛ゆかりの地がドラマの舞台になったり、紹介されることなれば神戸観光の新しいルートの開拓に繋がることになり、期待するところ大なるものがあります。
皆様、毎年1月5日に市長が年頭のご挨拶をされることはご存知でしょうか。平成7年も当時の市長笹山さんが行いました。その挨拶の中で、柔道の加納治五郎記念館や六甲100年記念祭、歴史花街道の建設等々を発表しましたが、2週間後に、あの未曾有の大震災に見舞われたために手つかずになりました。
その中の歴史花街道について、清盛にまつわる神戸の足跡を『清盛歴史街道』として、神戸の生田から兵庫、長田、須磨、垂水に至る壮大なスケールの歴史を訪ねるルートを整備し、語り部を養成してはどうでしょうか。中でも、駒ヶ林から須磨に至る、あの殺風景な石油タンク群のあり方も含めて元風景に戻すことを推進していただきたいと思います。また、TVで使われた神戸でのセットもあれば。それぞれの地域で設置してみてはどうでしょうか。
そのためには、大河ドラマ『清盛』には、神戸市として、物心両面にわたって破格の協力を申し入れることはどうでしょうか。
昭和53年10月3日の『風見鶏の館』以来、神戸北野の異人館が今なお神戸の第1の観光地になっております。長年、神戸市はインナーシティ対策として、地下鉄海岸線の建設、それと同時にウイングスタジアムの整備、中央市場の整備、兵庫運河の整備等、多くの政策実現に取り組んでまいりましたが、まだその道半ばであります。この際、『清盛』の力を借りて、神戸のインナーシティの活力を取り戻すため、多くの人々の知恵と力で、神戸全体の活性化のため頑張りませんか。市民の皆様も協力してください。
神戸のデザイン都市としての在り方を世界の人々に示すため、デザイン学関係の第一人者で神戸市統括監を務められておられます齊木先生をはじめ、たくさんの都市デザイナーの方々に力を合わせてもらいたいものです。
そして、神戸の街を市民はもちろん、観光客で溢れる街にしようではありませんか。私も神戸市会議員として全力でオール神戸の課題として取り組んでまいりたいと考えておりますので、全国の神戸にゆかりのある皆様どうかご意見をお寄せください。
[PR]
by kitayamaj | 2010-11-21 16:41