<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
神戸市は姉妹・友好・親善都市と云う名で海外の主要な都市と交流しています。いくつあるかご存知ですか?
①シアトル(アメリカ)1957.10.21
②マルセイユ(フランス)1961.7.2
③リオデジャネイロ(ブラジル)1969.5.19
④天津市(中国) 1973.6.24
⑤リガ市(ラトビア)1974.6.18
⑥ブリスベン(オーストリア)1985.7.16
⑦バルセロナ(スペイン)1993.4.6
⑧フィラデルフィア(アメリカ)1986.10.17             
                                       以上8都市です。
 
 
 結構市民レベルの交流が根付いている都市や、リオのように神戸の海外移住センターから渡った人々の多い都市では、一層の交流を拡大しようという都市もあれば、あまり交流のない都市もあります。

 私は、2年前に外務省が設置した地方連携推進室を活用することを提案いたします。
 これからは、いろんなテーマを決めて、「食料不足の解消」、「資源活用」、「環境技術の活用」、「エネルギー技術の活用」等、神戸をはじめ各都市の団塊世代で、これら貴重な技術を持った人がたくさんおられます。
 この貴重な人材を活用し上記のような技術交流を積極的に推進することによって、新たな交流都市としての意味合いを持たせることになるのではないかと考えます。

 さらに、海外にある日本大使公邸を使って、神戸の中小企業や地域産業のアピールにつなげることも有効な生きた交流ではないでしょうか。また、これらの都市から神戸に研修に来る人々を積極的に受け入れる推進室を設け、神戸に留学希望があれば、留学の斡旋と必要な援助も考えるようにすれば、本当の自治体による国際交流にも繋がっていくことになるのではないでしょうか。

 そして、1年に1回ぐらいは外交団や領事団を招き、神戸の魅力を紹介する活動を展開し、未だ開催場所の決まっていない国際大会や国際会議を神戸に誘致する努力が必要なのではないでしょうか。
[PR]
by kitayamaj | 2009-07-14 17:21
赤ちゃんポストについてご意見をお寄せください!
2007年5月10日に熊本市の慈恵病院が「こうのとりのゆりかご」と称し運用を開始しました、いわゆる赤ちゃんポストについては皆様もご承知のことと思います。。
 2009年5月までの2年間で累計42件の預け入れがあったそうです。実に42人の子供たちが助けられたことになるのではないでしょうか。
c0148581_16293524.jpg
 しかし、これだけの子供たちが預けられているにもかかわらず、2年を経過した現在、国内で追随する団体は出ておりません。
 第2の運用都市は、「神戸市」ではいかがでしょうか?
 
 この制度については、賛否両論あるのは承知しており、実に多くの問題を投げかけられております。皆さんは、いかがお考えでしょうか?ぜひ、ご意見をお聞かせください。
[PR]
by kitayamaj | 2009-07-14 16:35
あなたの一票が兵庫、神戸の未来を、そして日本を変える!!
 先ずもって、井戸さんの再選を心からお祝い申し上げます。元気で安全、安心な兵庫づくりの構築を目指し一層のご活躍を心より期待しております。

 昨今は、TV、新聞、週刊誌等で主役に取り上げられるテーマは「政治」ですが、皆様はどのように考えられるのでしょうか?

 今夏から秋にかけて、私たちは熟慮を重ね大きな選択をしなければならない局面に立たされます。先日行われました兵庫県知事選挙は、井戸さんの信任投票の様相ではありましたが、私たちにとってこれから行われる二つの大きな選挙は大変重要です。一つは10月25日投開票に決まりました神戸市長選挙です。もう一つは政権交代選挙とも言われています総選挙です。その総選挙も昨日、麻生総理が7月21日に解散し8月30日を投開票日とすることを表明いたしました。いずれの選挙も、私たちの市民生活に直接関係して来る非常に大切な選挙です。私たちは悔いの残らない選択をしなければなりません。それと同時に、自分の選んだ人たちが、市民、県民、国民のためにどれだけ頑張って仕事をしているのかを見極めるのが大事です。本当に私達の期待に応えるように真面目に努力している人を応援し、育てて行くのが本来の姿だと考えます。

 私も神戸市会議員として皆様から一層の信任を受けるように努力を続け、今以上に神戸市の将来の発展を見据え、市民が安全で安心して暮らしていける街にするための施策を日夜考え多くの提案を続けてまいりたいと思います。特に、私がライフワークとして取り組んでおります日本一子育てのしやすい町」・「日本一お年寄りが安心して暮らせる町」神戸創り には、さらに努力を続けてまいりたいと考えております。
[PR]
by kitayamaj | 2009-07-14 16:01