カテゴリ:研修会・講演要旨( 1 )
創生『日本』兵庫からの立ち上げに参加して
 平成21年9月、ついに自民党政権は権力の座から下りることになりました。その原因は選挙後、多くの評論家が解説をしており、そのどれもが的を得たものでありましたのでわざわざ記述いたしませんが、政権を奪取した民主党は、自民党時代とは大きく様変わりをして、脱官僚を掲げ政治主導のパフォーマンスを国民にアピールし、新しい政権に国民の期待を引き寄せたかに思われました。しかし、その実態はマニフェストに掲げた多くの約束は、実は到底実現不可能なものをいかにも、政権が変われば出来るんだと強弁を続け、墓穴を掘り続けているかのごとく感じているのは私だけでしょうか。
 その上、鳩山総理は、お母さんからの「子供手当て」の脱税疑惑、小沢幹事長の政治資金団体「陸山会」が不動産取得した原資の裏献金疑惑、その上小沢ガールの一人小林千代美議員の北教祖による裏献金問題等々、現職衆議院議員を含め6人もの逮捕者を出しております。
 また、民主党は3Kと言われる時限爆弾を抱えております。一つ目は前述しました政治と「金」のK、二つ目は米軍「基地」のK、三つ目は「景気」低迷のKです。しかし、これだけ多くのオゥンゴールを重ねる民主党政権に対して、国民から再度自民党に期待を寄せる声が聞こえてはきません。 
 そんな中、今日までどっしりと構え保守本流を貫く平沼赳夫元通産相が、いよいよこの国難にあたり今夏に迫った参議院選挙に同志を引き連れ、決起行動することを宣言しました。
 彼は、現在の日本政治の問題点と目指すべき姿を画き、今後の政治活動の基本を「保守再生」におき、日本の伝統、歴史、文化に立脚した保守主義を一直線に目指すことを論じております。このことは、私たち地方議員も志を一つにして共に行動することが真の保守議員として、国家日本に誇りと自信を取り戻し、平和で豊かな世界の中の日本を確固たるものにしていく道であり、夢と希望と誇りにあふれた国にしたい。
 私は、神戸からその役割の一翼を担いたいと考えております。その活動は次の5つの行動によって創り上げられるものです。

1、社会主義的・全体主義的体質をむき出しにする民主党政権から一日も早く政権を奪還する。
2、永住外国人地方参政権や夫婦別姓等、問題法案の成立を目指す動きに反対し、我が国の国益と地域共同体、そして家族の絆を守り抜く。
3、「戦後レジームからの脱却」に向けた政治の流れを強め、志を同じくする議員・候補者との連携・協力をめざす。
4、各界の有識者、専門家と連携し、世界の平和と安定を守り、豊かで歴史と伝統のある日本の創生をめざす新たな構想・政策を立案する。
5、心ある国民・団体・地方議員に呼びかけ、全国各地で真・保守主義に基づく新たな政治の流れを創り出す国民運動を起こす。


 このような新しい日本を考える創生に私たちは「いの一番」に参加し、神戸から「波動」を起こし一人が変われば万人が変わるんだという信念で立ち上がり、皆さんと共に故郷・国を愛する心を取り戻したいと考えます。皆さん一緒に行動しましょう。

c0148581_18345265.jpg

[PR]
by kitayamaj | 2010-03-26 18:37 | 研修会・講演要旨