人気ブログランキング |
神戸創生元年を具体化する平成28年度予算「その1」
 今月,神戸市会において,神戸市の新年度予算案の審議が行われました。今年度,神戸市では「神戸2020ビジョン」という,今後5年間のうちに神戸市が取り組む重点施策を定めました。限られた予算のなかで,いかに若者が魅力を感じ,「住みたい」「働きたい」「学びたい」「産みたい」まちとして神戸を選んでもらえるか,そのような明るい神戸の未来図が描けているか,ということが予算の争点となりましたが,今回新たに,子どもの医療費負担の軽減や,多子世帯の保育料の負担軽減など,若い世代の子育てを応援する,数々の新規施策が打ち出されました。

 私はかねてより,「子育て日本一のまち神戸」の実現という目標を立て,議会の場でも訴え続けてまいりましたが,今回,久元市長のリーダーシップのもと,改めて「若者」や「子育て」に焦点を当てた施策を強力に打ち出したことは,まさに私の望んでいた予算のあるべき姿であり,今後の神戸の明るい未来が大いに期待できるものと考えます。私は喜んで,今回の神戸市予算案に賛同いたしました。
by kitayamaj | 2016-03-28 18:17
<< 神戸創生元年を具体化する平成2... 輝ける神戸の未来づくりのために... >>